放課後ホームステイ E-CAMP 城南進学研究社放課後ホームステイ E-CAMP

E-CAMP 南浦和校 TEL. 048-614-8470 9:00~18:00 月〜金(祝日を除く)

プログラム紹介プログラム紹介

  1. ホーム
  2. プログラム紹介

ABC

DEFG

放課後ホームステイ E-CAMPの
英語プログラム「E-TASK」

放課後ホームステイ E-CAMPでは、ズー・フォニックス・アカデミーのレッスンで「教科としての英語」を学びながら、遊びやものづくりに取り組む「E-TASK」の中で「使える英語」を身に付けていきます。
E-TASKを構成する5つの「タスク」は、お子様が「勉強」と意識せずに取り組めるような楽しいものばかり。知らず知らずのうちに英語での自己表現やコミュニケーションに自信がついていきます。
また、海外の文化に自然に触れる中で、自分と他者をどちらも尊重できるような大人に成長するお手伝いをいたします。

ズー・フォニックス・
アカデミーの授業

Reading, Writing,
Speaking, Listening
の4技能をしっかり習得。

繰り返し交互に行う事でより確実に英語が身につく繰り返し交互に行う事でより確実に英語が身につく

E-CAMP英語プログラム
「E-TASK」

「生活」の中で様々な
タスクに取り組む事で、英語圏の子どもと
同じように英語に触れる。
特にSpeaking, Listeningの技能に
関して圧倒的な量の体験ができる。

  • クラフトクラフト

    海外の小学生が取り組むような、カラフルでかわいい制作物。
    手先の器用さを育むとともに、テーマやその背景を学ぶことで、海外の文化にも自然に触れられます。

    クラフト

    クラフトの時間では、海外の小学校でいう"Art"の時間にあたり、工作や絵画に取り組みます。ただ作る、ただ描くだけではなく、そこには常に大量の英語のシャワー。何度も耳にするフレーズや短い文章なら、この年代のお子様は数回で覚えてしまいます。
    また、制作中も「自分はどうしたい?」「お友達のものはどこが素敵だと思う?」などの質問をしていきます。自分の気持ちを大切にして、個を重んじる教育も、放課後ホームステイならではのものです。

  • 歌・ゲーム歌・ゲーム

    英語で歌やゲームを楽しみながら、
    自然とボキャブラリーを増やしていきます。

    歌・ゲーム

    海外で親しまれている歌遊びやゲームなどを、ネイティブ講師やお友だちと楽しみます。時間に余裕のあるアフタースクールだからこそできる、英語で何かを「楽しむ」時間です。歌の時間には海外で古くから歌われている童謡などに親しみます。日本語で広く親しまれている季節の歌も英語で歌いますので、家に帰ってくるとお子様が自然と英語の歌を口ずさんでいる…なんていうことも。
    ゲームは、チーム対抗や皆で何かを作り上げることを競うコミュニケーション能力が育つものと、個人対抗などで自立心を育むものをバランスよく提供します。アルファベットのカードや単語のカードなども多用しますので、自然とボキャブラリーが増えていきます。

  • ストーリー・テリングストーリー・テリング

    海外で広く読み継がれている本や絵本で、
    リスニングやスピーキングの力を伸ばします。

    ストーリー・テリング

    同年代の海外の子どもたちが読むレベルの絵本や本を、ネイティブ講師が読み聞かせします。新しい言葉やフレーズなどはすぐに確認し、覚えていきます。そして、ストーリーについて話したり、登場人物の気持ちになったり、続きを想像・創造したりするように促します。
    さらに、簡単な英語の本で暗唱にも挑戦。保護者様も、小学校のころ国語の教科書を暗記された記憶があると思いますが、海外の小学校の教育現場でも、暗唱は一般的に取り組まれている学習法です。英文を暗唱することは、圧倒的なスピーキング力として、必ずお子様の英会話力の礎になることでしょう。

  • DVDディスカッションDVDディスカッション

    海外の子ども向け動画等を視聴し、内容理解から発展させ、
    「ディスカッション」することに慣れていきます。

    DVDディスカッション

    ネイティブ講師と一緒に海外の子ども向けDVDや動画を視聴します。1回目のみ字幕ありで視聴、2回目以降は字幕なしで理解していくことで、文脈やその場の状況から英文の意味を推測する力が養われます。
    実際の英語での会話の際も、「言葉・文法の一字一句を完璧に理解するまで会話はしない」というやり方では上達は望めません。最初は分からない言葉や言い回し、文法などでも、複数回耳にすることによって耳から覚え、状況を理解し、言葉の意味を推測する力、語彙力、スムーズなコミュニケーション力の向上につながるのです。もちろんそばにネイティブ講師が常駐しているので、お子様の「?」にはその場で言葉を言い換えて説明ができます。
    もちろん観ただけで終わりではありません。視聴した後で、内容や登場人物の気持ち、日本との文化的な違い、自分がその状況に置かれていた場合などについてお友達と話し合ったり、自分の考えを述べていきます。
    ここでも「自分の考えを人に伝える」「相手の気持ちになって物事を考える」ことを、知らず知らずのうちに英語でトレーニングしていくのです。

  • プレゼンテーションプレゼンテーション

    コミュニケーション能力を培う一環として、
    人前で「自分を表現する」力を養います。

    プレゼンテーション

    将来、世界というフィールドに羽ばたいていくお子様方。これからの教育に、プレゼンテーション能力は必須となるでしょう。E-CAMPでは、毎回の来校時に少しずつプレゼンの準備をし、月末にみんなの前で発表します。
    ネイティブ講師・バイリンガル日本人スタッフのアドバイスを受けながら、毎月のテーマに取り組みます。初めは短めの文章や単語から慣れていき、次第にジェスチャーや表情などにも気を配れるように指導いたします。最初は恥ずかしそうにしていたお子様も、やがて堂々と英語でプレゼンテーションやスピーチが行えるようになります。
    小さいころから場数を踏んで慣れていくことで、社会に出た時に自分の意見を堂々と述べる力が育ちます。

E-CAMPならではの学習ポイント 学童保育としてのお預かり時間中、
米国発祥の英語スクール「ズー・フォニックス・アカデミー」のレッスンや、
城南進研グループのWEB学習システム「デキタス」をご利用いただけます。
もちろん、小学生の宿題サポートもおこないます。

宿題サポート

E-CAMPに到着してからおやつタイムまでは、いわば「切り替え」の時間。日本語でお話したい学校での出来事などを日本人スタッフに教えてください。「音読」や「漢字の課題」「計算問題」など、学校の宿題も日本人スタッフがやさしくサポートします。英語環境に慎重なお子様も、このステップを踏まえることで安心して英語環境に取り組めます。

宿題サポート

ページトップ